ブルーベリーサプリメントを比較するポイント

MENU

ブルーベリーサプリメントを比較するポイント

ここではブルーベリーサプリメントを比較するポイントについて紹介しています。
最近はブルーベリーサプリメントと一口に言っても色々な製品が市販されていますので、選ぶ時の参考にしてみてください。

主要原料

まずは主要原料をチェックしましょう。
ブルーベリーサプリメントは疲れ目を始め、視覚機能の改善や生活習慣病の予防、花粉症の改善など様々な効果が期待できますが、これらはアントシアニンなどの有効成分の働きによるものです。
その為に、どのような原料の有効成分が使われているのか?これを確認しましょう。
例えば、ブルーベリーの一種にビルベリーと呼ばれる野生種があります。
ビルベリーにはブルーベリーの2倍のアントシアニンが含まれていると言われています。
また、同様にして、アサイーベリーと呼ばれる物はブルーベリーの5倍のアントシアニンが含まれています。
つまり、ブルーベリーに限らず、同様の効果が期待できる原料がありますので、どんな物が主原料として使われているサプリなのか?をチェックしてください。

有効成分の配合量

次に有効成分の量がどれぐらい配合されているのか?
その量をチェックしましょう。
いくら有効で良質な成分が含まれているからと言っても、その量が少なければ、十分な効果は期待できません。
一日の推奨摂取量の中にどれぐらいの有効成分の量が含まれているかをチェックするとコストパフォーマンスも推測ができます。

アントシアニンの配合量

ブルーベリーにはアントシアニンと呼ばれる成分が含まれています。
このアントシアニンはポリフェノールの一種で植物が自分の見を紫外線から守るために、活用している天然の色素です。
この成分を摂取する事で、眼精疲労や眼病、メタボ、花粉症の予防に効果があると言われています。
ブルーベリーがサプリメントとして注目されているのは、これらの効果によるものです。
ただ、いくらいろいろな効果が期待できると言ってもその配合量が少なければ、十分な効果は期待できません。
どれぐらいの量のアントシアニンが含まれているのか?確認して比較する事が必要です。

ルテインの配合量

ルテインはブルーベリーには含まれていませんが、非常に優れた抗酸化力を持つ成分で目の中の水晶体や黄斑部に存在する成分でもあります。
本来は緑黄色野菜などに豊富に含まれる天然色素で、「天然のサングラス」と呼ばれます。
黄斑変性症、白内障、コントラスト感度の改善、抗炎症作用、美肌効果などが期待できるので、最近とても注目されている成分です。
ブルーベリーサプリの多くにはこのルテインを配合している物が多いので、アントシアニンに合わせて、このルテインの配合量も比較すると良いです。

価格、コストパフォーマンス

ブルーベリーサプリメントは薬のように一時的な摂取での効果が期待できる物ではありません。
体内で不足するアントシアニン、ルテインなどの成分を継続的に補う事でその効果を発揮します。
つまり、継続して摂取する事が必要な物です。
その為に価格やコストパフォーマンスを比較して、継続して購入できる価格の物を選ぶ事が大切です。
高い物を一時的に購入して、継続しないよりも、手ごろな価格の物を選んで、継続して摂取する方が長期的な効果が期待できます。

ブルーベリーサプリ 人気ランキング

ポリフェノールがブルーベリーの18倍含んでいると言われるアサイーベリーを主成分にビルベリー、カシス、赤ブドウを加えた4つのベリーから作られたサプリメントです。
さらに年々減少するルテイン、そして、コエンザイムQ10の1000倍の抗酸化力を持つアスタキサンチンを配合しています。
数あるブルーベリーサプリメントの中でも特に人気のある逸品です。
効果で選ぶなら、一番お勧めのサプリメントです。

⇒ アサイベリープラチナアイ 公式ページ 
他の製品に比べ、カロテノイドの配合量が多いのが特徴
北欧産のビルベリー、天然のカシス、トマト、マリンゴールドなどから抽出したアントシアニンの他、ルテイン・リコピン・アスタキサンチンなどのカロテノイドを豊富に含んでいます。
国内のGMP認定工場で製造しているので安心、安全なのも魅力。
販売開始から46万個を売り上げている人気商品です。

⇒ ビルベリースカット 公式ページ
700万袋突破した超人気商品。
1袋にブルーベリーエキス約1800個分、1粒にブルーベリーエキス約60個分が凝縮。
野生種ビルベリーを主性成分にルテイン・カシスエキス・コエンザイムQ10・EPA・DHAなど7種類のサポート成分がプラスされています。
全額返金保証が付いているので始めての方でも安心して試す事ができます。

⇒ 北の国から届いたブルーベリー 公式ページ